施設紹介

ごあいさつ

代表写真

 

 世田谷区立烏山福祉作業所は昭和59年4月10日に開設された福祉施設です。平成20年4月同区の指定管理制度により社会福祉法人武蔵野会が委託を受けています。
当法人の理念「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」のもと、利用者本位・利用者中心の支援姿勢とその実践を大切にしています。当作業所は障害者総合支援法にもとづいた「就労継続支援B型」(定員66名)の事業所です。一般企業等での就労が困難な方に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な支援をします。
 やりがいのある作業(働く)と、地域で安心して生活(暮らす)できる支援は、利用者一人ひとりの強み、やりたいことを大切にします。作業所での日々の活動を通して、ご近所との温かい関係づくりと、さらには地域社会との確かなつながりを大切にしたいと思っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


施設概要


設立
昭和59年4月1日(世田谷区設置)
経営主体
社会福祉法人武蔵野会(平成20年4月より区直営から現法人が受託)
所在地
〒157-0061 東京都世田谷区北烏山1-29-15
☎ 03(3326)8001  📠 03(3326)8010
定員
就労継続支援B型 66名
利用対象
原則として、世田谷区内にお住まいの18歳以上の知的障害者の方でかつ施設受給者証をお持ちで、お一人で通所できる方
休所日
土曜日、日曜日、祝日、冬季(年末年始)休暇
職員
施設長 野々村 武志

サービス管理責任者 望月 真純

支援員 13名(非常勤含む) 
*うち有資格者 社会福祉士:4名 介護福祉士:2名 精神保健福祉士:1名

事務員 1名

看護師 1名(非常勤)

嘱託医 高橋 伸行(高橋内科医院)

第三者委員 藤原 和子(地区民生委員)

厨房スタッフ 4名 株式会社レクトン

第3者評価(平成25年度・平成28年度)は、こちらです。